おさかなリボン

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の季節の中・・・ 〜若葉の光〜

<<   作成日時 : 2012/07/10 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 







画像











前にもお話ししましたが・・・
今年になって短歌会に参加する事になり、1ヶ月に一首を提出して発表。


地元の公民館の部屋をお借りしての・・・サークルの様なものなので、
肩に力を入れる事もなく、気軽な気持ちで向かっておられます。



その参加日に限って、仕事や用事が入ったりで・・毎月は行けなかったんですが、
それでも参加出来た時は、歌を詠んで頂き・・感想やいろんなアドバイスも貰います。



私は、とにかく「五七五七七」に納めようとか、こんな言葉を使わなければ!とか、
そういうことは先ず考えないで、思った通りに何かを書いて・・後でリズムを整えてます。


人生の大先輩の方々の中、お恥ずかしいながらも・・・
「若い感覚で素直に歌ってみていいのよ。 かえってその方が新鮮だから。」
励まされながら、まぁ、それなら≠ニ書いてるんですよ。w


(だから、本当はそれ詩じゃないの?って感じばかりですが・・一応、短歌にしていますw)






先月の歌会の時の作品を・・・

実は、代表の方が新聞に投稿して頂いてました!




勿論!そのままじゃなく、訂正されてはいるんですが・・・


次の画像がその新聞の一部です。


他の方の作品や、私を含め投稿された方の固有名詞が見えない様に隠しています。
どの新聞に載ったか、どの日付けで載せて貰ったかが解る様に組み込んで撮りました。






画像


  2012年(平成24年)7月10日(火曜日)


  「中日新聞」にて。。




  投稿作品

  透明な感触のどを落ちてゆく

         寒天の中 若葉の光









のど=「喉」としないのは、寒天がつるりと涼しげに喉を通る感触を解って欲しくて〜。^^





実は、この歌の元になったのは・・・

私は最近「寒天」をおやつにしているんです。


整腸の為(^^;) ダイエットの為(^^;;) ・・・まぁそんな所からですがw


心太(ところてん)は、ちょっと苦手なんです〜。
なので、寒天を作ってザクザクとスプーンで器に入れ、リンゴ酢で食べてますw



食べながら思いついた短歌だったのです。ww



生活に一部が「短歌」になるんですからね〜*









さて、「訂正」して頂いた・・・と言いましたが、殆ど自分の歌ではなくww

これだったら〜そりゃ載るよ〜〜と思ったり。(^O^;)



それでもやっぱり嬉しいものですね〜〜。^^



この7月10日の午前中に、代表の方からお電話を頂き・・

新聞に載せてもらったことが解り、テンション上がりましたよww






さてさて、その元になったほんまもんの私の歌は・・・

(駄作で恥かしい〜〜><)



透明な感触のどに涼む風 かんてんの中に若葉の光






「かんてん」と書いたのは・・・「寒天」=寒い空と読めるといけないので。^^;

こういう時の言葉って、結構難しいからねww















あともう一つ記録に残しておきます。。

(この歌は3月に発表の歌です)



東より勇者の歩み待ち焦がれ 我も締めたき三つ星の帯









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
直さはったのも佳いけど 元のでも充分いけたんちゃいますの?
"かんてんの中に”の "に”だけ抜いたらええだけやと感じたんですけど…。
"落ちて行く"っての、アカン感じもするんですけど 意外と佳いのですネ。
色々興味湧いてきたな。
おーちゃん
2012/07/15 08:05
★おーちゃん

早速のコメントありがとうございます〜。^^
さぁ・・・どうだったでしょうね〜〜。
短歌会の中でも・・時折「これって?どういう意味なの?」と
問われる事もありますw
まぁ、私のが言われるのは仕方ないとして・・・
先輩方の場合も「考え抜いた作品」でもそういう問いかけは出る事も。

およそ31文字の中に全てを込めるって大変ですよね〜*
だから面白みもあるんですが。(^0^;)
マリルン
2012/07/15 23:38
ご無沙汰しております。
寒天を頂きながら、こういう美しい文章が
でてくるなんて、さすがですね〜。
私も、後半の「に」はなくていいと思うのですが
前半は、そのままのほうがよかったのでは。

いつも「おいしい」くらいの言葉しか
思い浮かばないので、主人に、もっと
他に表現はないの?と指摘されています

最後の歌はどういう意味でしょうか?
文才がないので解説お願いします〜。

2012/07/18 09:58
こんばんは。
ご無沙汰でございます。
短歌ですか〜
最近そっちはすっかりご無沙汰ですがな。
もっとクダけた感じの今様節なら自信あるんですがね。

寒天はあまり食べることはないけど・・・
ところてん食ったら私の場合は短歌どころか・・・
恥ずかしくて言えません
旨い物食ったら「おいしい」
それでもいいと思います。
まあ私の場合は存在が芸術だかr・・・ゲフンゲフン
祐太郎
2012/07/25 22:39
★月さん

しまったーーーー!!( ̄□ ̄;)
コメント読んで・・・お返事書いたつもりになってました(><)
遅くなってごめんなさい〜〜。
私はと言うと・・・こんだけ暑い中でも〜!元気でいます!
節電も言われてる時代でもありますが、家の経済事情でも節電^^;
何だか慣れてきました〜。^^;A

さて♪お返事です。。
この短歌会の年齢層は・・・7〜80代の方も多く、
文語調?って言うんでしたっけ?ちょっと難しい様な短歌っぽい様な
そんな作り方をされる方が多いです。
文章・文法等を覚える様に・・ならば型を考えるべきでしょうが、
少しでも自由な感覚で〜♂フいたい。。

そりゃ〜歌(曲)や詩じゃないんだから多少無理な所もあるけどねw
さらり〜*と歌えたら・・というのが私の中の挑戦ですw

なので、文法も考えずなので、後で訂正受けることが多い^^;
ちょっと反省かなww

最後の歌は、一応覚え書きに載せましたが・・・・
「オリオン座」の事を思って綴りました。
これも訂正後の歌ですけどね。^^;

(オリオン座は堂々と東から昇るので、憧れてます)
マリルン
2012/08/03 17:25
★祐太郎さん

こちらこそ〜返事までご無沙汰でした〜〜(><;
遅くなってすみません〜。
上のお返事にも書いてますが、
体調も崩さず頑張っていますwww
7月は仕事が集中してて・・・こなせてよかった〜♫

もし、十ン年前に(勿論、ブログ等する前の事)公民館のサークルで
「短歌」じゃなく「川柳」があったら、そちらをしてたでしょう〜。
川柳は風刺もあって面白いし。^ー^ 
(五七五だけなので、まとめるには大変でしょうがw)

まぁ、、三十一文字の詩・・と思って向かいますww

そうそう♪祐太郎さんの存在〜〜* ☆彡 (^ー^)
マリルン
2012/08/03 17:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
梅雨の季節の中・・・ 〜若葉の光〜 おさかなリボン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる